カテゴリ

革靴なのにスニーカーのような履き心地 金谷製靴

革靴なのにスニーカーのような履き心地で人気 「金谷製靴」のウォーキングシューズ

「靴の街」として知られる神戸市で1974年の創業以来、紳士靴作りに携わっている「金谷製靴」。
熟練した職人がていねいに作り上げる同社の商品は多くの靴好きを魅了。「一度履くとやめられない」「柔らかな履き心地が抜群」などと、たくさんのファンから支持を得ています。
産経ネットショップでは2013年から取扱いを始めましたが、累計販売数は1万足に迫る勢いで、年々、その注目度が高まっています。
金谷製靴がなぜここまでファンを魅了するのか、その秘訣を掘り下げていきます。

高品質の牛革を使用。すぐ足に馴染む柔らかさ

革靴なのにスニーカーのような履き心地 金谷製靴

革靴は足になじむまで時間がかかるものですが、「うちの靴は最初から柔らかいから、たぶん靴ズレすることはない」と神戸の靴メーカー金谷製靴の金谷昌國社長。
甲材は主に日本国内で製造された高品質の牛革を使用。すぐに足に馴染むよう柔らかさには特にこだわっています。

日本人の足型を追求し、ゆったりしながらもフィットする履き心地

革靴なのにスニーカーのような履き心地 金谷製靴

「大事なのは木型」という同社のシューズは、“だんびろ甲高”と言われる日本人の足型を追求。
足入れ部分の深さが絶妙で、中敷のクッションには衝撃吸収に優れたオリジナルのものを使用しています。
さらに、ゆったりとした4Eの靴幅でありながら、甲でフィットする独特の作りで足先はのびのびと動く。
下り坂などで足が前に出てしまいがちな時も、靴が足についてくるからとても歩きやすくなっています。

ソールの素材にもこだわり、見た目からは想像できない軽さを実現

革靴なのにスニーカーのような履き心地 金谷製靴

アウトソールの素材は軽さを実現するために、軽量のEVAや発泡ラバーを採用。柔らかさだけでなく、軽やかな履き心地も魅力です。
軽いだけではなく、足運びをスムーズにするための屈曲性の良さや、滑りにくさ、耐久性もしっかりと考慮されています。

靴職人が1足ずつ丁寧に作製。手に取りやすい価格設定

革靴なのにスニーカーのような履き心地 金谷製靴

革は長年の付き合いのある姫路のタンナーから独自ルートで仕入れ、10工程以上の作業の全てを神戸の靴職人が手がけています。
履き心地のために見えない所にお金をかけ、広告宣伝はせずに量販店をメインに地道に展開してきました。
国産でありながら手に取りやすい価格設定ができるのはこうした営業努力の積み重ねといえます。

「靴は一日履いて痛かったら二度と買ってもらえない。この靴より安い中国製と見栄えは一緒でもメイドインジャパンで日本の職人が作っている。そこは履いてもらったらきっとわかってもらえるはず」(金谷社長)。

オーソドックスなデザインで年齢問わず履ける

見た目は極めてオーソドックスなものが多い同社の製品。年代に関係なく20代の若者から、定年間近のサラリーマンまで足を使って稼ぐ人、旅行や散歩のお供に試してもらいたい一足です。

当店ではサイズ交換は商品到着後14日以内であれば1回のみ無料でお受けしております。その際の返送料、再送料は当店で負担します。詳しくはこちらのページよりご確認ください。

当店でしか買えない!産経ネットショップ限定モデル

金谷製靴 ビジネスシーンにおすすめのシューズ

金谷製靴 休日カジュアルにぴったりなシューズ