カテゴリ
シートクッション
ドクターエル

ドクターエル シートクッション DLC-420

商品番号:a1944

販売単位:1個

販売価格

¥4,620 (税込)

お届け目安:{{ earliestShipDate }}

発送元:産経ネットショップ

バリエーションを選択 : {{ selectedColorName }}(在庫切れ)

  • {{ color.name }}

を選択 : {{ selectedSizeName }}(在庫切れ)

数量

発送開始予定:{{selectedFrontVariation.earliestDate}}以降

一緒にご注文する商品により、ご注文画面で指定できる配送日時や決済方法が変更になる場合があります。

長時間座っても正しい姿勢を維持できるクッション

販売30年以上のロングセラークッション「ドクターエルクッション」

1.無意識に正しい姿勢が取れる
 デスクワークなどで長時間座りっぱなしでいると、自然に楽な体勢を取ろうとしてしまいます。楽な体勢をとるとどうしても骨盤が後ろに倒れ、姿勢が悪くなってしまいます。

ドクターエル シートクッション
 そこで、座布団やせもたれとして使用するクッションに前傾6度の傾斜をつけました。なぜ前傾6度なのかというと、既製品の椅子は平均して2、3度の後ろ下がりの傾斜を持たせたものが多かったからです。
つまり、身体が後傾になってしまう作りだったということ。身体が後傾になると骨盤が後ろに倒れ、自然と姿勢が崩れてしまいます。

ドクターエル シートクッション
 そのような状態を防ぐ為にクッションには前傾6度という角度をつけました。前傾6度が仙骨を中心に背骨が立っている時と同じ背骨の状態に近づけるのです。
ドクターエル シートクッション

 ドクターエルクッションを敷いた椅子に座る、または背凭れとして使うことで無意識に正しい姿勢が取れるようになる。

2.腰にかかる負担が分散される
  このクッションを座布団のように使用すると、傾斜があることで前傾の状態で椅子に座ることができます。それによって足と腰で体を支えることになり、腰にかかる負担が分散されます。
往来の座布団とは違い、自然に姿勢を正して腰の負担を減らるから、長時間座ることができます。

3.安定して骨盤を支える
  クッションというと柔らかくて気持ちがいいという印象があるのではないでしょうか。
しかし、やわらかさを求めた車のシートや、事務椅子に使われているウレタン製のクッションや普通の座布団では腰が沈んで骨盤の軸がぶれて正しい姿勢がとれません。
そこで発泡ポリエチレンという適度な硬さのある素材を使用。硬さだけでなく、元の形に戻る復元性も高いため、発泡ポリエチレンを使ったクッションだと骨盤が沈み、軸がぶれるのを抑えます。この適度な硬さが骨盤を安定させて座ることができます。

ドクターエル シートクッション
使用時の注意点
●事務・学習椅子の座面にクッションをお使いの場合、椅子の高さを3cm下げてお使いください。※椅子の座面は平行にしてください。
●座面にクッションをお使いの場合は基本として薄い方を前に、厚い方を後ろにしてください。
●背凭れにクッションをお使いの場合は厚い方を下にしてください。

ドクターエル シートクッション

商品仕様

メーカー ドクターエル
重量 約290g
サイズ 縦380mm×幅400mm×厚さ60mm(最高圧)
素材・原材料 芯材:発泡ポリエチレン クッション材:ウレタン 外カバー:ポリエステル
生産国 日本

あなたへのおすすめ商品

この商品を見ている人はこんな商品も見ています

暮らし・生活の人気商品

最近見た商品

メールマガジン登録

セール情報やお得なクーポン、キャンペーンなどの情報をお届けします。

カートに入れる