商品データ

茶師・佐々木健の独自技術で火入れ焙煎した上級煎茶 各産地の代表的な煎茶3種をセットで

【送料込】茶来未 上級煎茶金袋三種詰合せ茶さじセット (掛川・足柄・鹿児島)

商品番号:ym200335-00000-00000

4,752円(税込)

  • 【送料込】茶来未 上級煎茶金袋三種詰合せ茶さじセット(掛川・足柄・鹿児島) 
    ym200335-00000-00000【送料込】茶来未 上級煎茶金袋三種詰合せ茶さじセット(掛川・足柄・鹿児島) 4,752
    カートへ入れる
    【送料込】茶来未 上級煎茶金袋三種詰合せ茶さじセット (掛川・足柄・鹿児島)
  • この商品はお電話でもご注文をお受けいたします
    0120-501-675  9:00-21:00(年中無休)

  • この商品のご注文後の返品・交換はお受けしておりません

茶師・佐々木健の独自技術で火入れ焙煎した上級煎茶 各産地の代表的な煎茶3種をセットで

 産地によって味に大きな違いが出る日本茶。その味わいを「世界緑茶コンテスト2019・2013」で最高金賞&パッケージ大賞を史上初めて受賞した茶師、佐々木健さんによる焙煎で心ゆくまで味わえる煎茶の3種セットです。茶師佐々木さんが監修した茶来未オリジナルの茶さじをセットにしてお届けします。佐々木さん自ら型をつくり、使いやすさを追求した茶さじです。

□掛川深蒸し煎茶

 静岡掛川茶は深蒸し茶の代表的産地。天皇杯受賞茶園の原料を使い掛川茶の代表になるようなお茶を仕上げました。荒茶工場で通常の2~3倍の蒸し時間をとる深蒸し製法にて加工。濃い美しい水色と程よく渋みを感じる濃厚な味わい、そして気高い香りです。

□神奈川足柄煎茶

 生茶を40秒ほど蒸して作る「浅蒸し茶」が足柄茶の製法。日本古来の伝統的な煎茶です。お茶の色は淡めの山吹色。神奈川名産100選にも選ばれています。神奈川県名産品にも選ばれている足柄茶は通常流通に乗らないお茶です。その理由としては神奈川県農協茶業センターが一括して管理し、センター内で焙煎、袋詰めされたものでなくてはいけないとのルールがあるからです。民間で原料を選定し、買い付けを行い自社で焙煎仕上げし、足柄茶の商標ブランドを名乗れるのは茶師の佐々木さんだけに許された特別なお茶です。

□鹿児島煎茶

 茶師の佐々木さんが鹿児島産ならではの特徴を大切に仕上げ、独特の旨み・香り・鮮やかな水色を実現しました。渋みの抑えられた甘みのあるお茶です。鹿児島煎茶はその甘みから近年とても人気が高く、中でも「ゆたかみどり」という品種をベースに特別に作ったお茶です。 

爽やかな香り、濃厚と旨みと甘さと苦味。茶師のこだわりが詰まった日本茶

 茶来未(ちゃくみ)は単にお茶を仕入れて販売するだけの店ではない。コーヒーを生豆から焙煎しブレンドする店が増えているが、日本茶にもそうした世界があるのだ。
 茶来未のオーナーである佐々木健さんは、仕入れた荒茶を自ら火入れし、ブレンドして茶を作る茶師でもある。言葉で書くとそれまでだが、その仕事は多岐に渡り、しかも繊細さを極めるものだ。
 藤沢にある茶来未の工場兼・直営店舗を訪ねると、佐々木さんがカウンターに茶葉を並べて作業していた。茶師の最初の仕事である荒茶の香りや味を確認する作業だった。

 荒茶とは収穫したお茶の葉を茶農家で蒸して揉み、乾燥したもので、いわばお茶の原形だ。その荒茶を3グラム茶碗に入れ、140ccの熱湯を注ぐ。何種類もの荒茶を同じ条件で淹れて、味や香りをみるのだ。そうやってそれぞれの荒茶の特徴をつかみ、どんなお茶にするかイメージを膨らませる。しかしここまでは準備に過ぎず、ここから「分類」「色彩選別」「火入れ」「合組(ごうぐみ)」という作業に入っていく。

 簡単に説明しよう。「分類」は荒茶を葉や茎、芽など茶師・佐々木さんが自ら考案した独自の基準で12種類に分類すること。それを各部位ごとに温度や時間を調整しながら「火入れ」をしていく。これによって味と香りを引き出すのだ。そしてようやく「合組」となる。細かく分類し火入れした茶葉を、佐々木さんのイメージに基づいて合組、つまりブレンドしていく。こうしてようやく茶来未のお茶ができ上がるのだ。

 工房で佐々木さんのお茶をいただいた。爽やかな香りと旨味、苦さ、甘さが押し寄せてきて口と鼻が忙しい。お茶の奥深い味わいに感動さえする、しかし…店で売っている最高級クラスのお茶を、プロがきちんと淹れる。最高に“うまい”に決まっているではないか。
 試しに、店で一番安いクラスのお茶を買い求めて、家で(素人の私がそれなりに丁寧に)淹れてみた。それでも香り、旨味、甘さ、苦さを十分に感じることができた。爽やかな風味もあり、飲み飽きることなく二煎、三煎といただける。

日本茶インストラクターの資格を持つスタッフがお茶の淹れ方や選び方を教えてくれる

 佐々木さんはもともと高級中国料理店のシェフだった。独立開業し、中国料理店4店舗をオーナーシェフとして運営していたのだが、縁あって、製茶の世界に入っていったのが2007年のこと。翌年には鎌倉に日本茶専門店を出店。本格参入からわずか1年後の2009年、さらに2013年に「世界緑茶コンテスト」で最高金賞とパッケージ大賞を受賞している。「マニュアルなどありません、自分の感覚だけが頼り」と言うが、佐々木さんには味や香りに対する天性の才能があるのだろう。 その佐々木さんがイメージして作るお茶はご本人の人柄も反映されているはず、つまり決してお高く止まることなく、しかしお茶本来の魅力を十分に感じさせながら、あくまで爽やか。気取ることなく、日本茶のホッとするうまさを再確認させてくれるお茶だった。

<茶来未>

〒252-0816
神奈川県藤沢市遠藤2526-25
茶師、佐々木健さんが作り上げるこだわりが詰まったお茶。日本茶のホッとするうまさを再確認できる

商品詳細

セット内容・付属品掛川深蒸し煎茶「金」(80g)、神奈川足柄煎茶「金」(100g)、鹿児島煎茶「金」(100g)、茶来未オリジナル茶さじ(木製)
素材・原材料緑茶
賞味期限製造から365日
仕様チャック付きアルミ袋に脱気窒素封入、商品名記載の商品シールに説明表示有り
原産地掛川深蒸し煎茶「金」:静岡県、神奈川足柄煎茶「金」:神奈川県、鹿児島煎茶「金」:鹿児島県
加工地神奈川県

このアイテムを見ている人は、こんなアイテムも見ています

人気アイテムランキング