商品データ

落ちても割れにくい。超微細加工の粋を集めた究極のアイフォーンケース

REAL EDGE C-5 for iPhone7

13,824円(税込)

  • REAL EDGE C-5 for iPhone7 ブラック

    ブラック

    ns200534-00001-00000REAL EDGE C-5 for iPhone7 ブラック13,824
    カートへ入れる
    REAL EDGE C-5 for iPhone7ブラック
  • REAL EDGE C-5 for iPhone7 シルバー

    シルバー

    ns200534-00006-00000REAL EDGE C-5 for iPhone7 シルバー13,824
    カートへ入れる
    REAL EDGE C-5 for iPhone7シルバー
  • REAL EDGE C-5 for iPhone7 シャンパンゴールド

    シャンパンゴールド

    ns200534-00105-00000REAL EDGE C-5 for iPhone7 シャンパンゴールド13,824
    カートへ入れる
    REAL EDGE C-5 for iPhone7シャンパンゴールド
  • REAL EDGE C-5 for iPhone7 プラムピンク

    プラムピンク

    ns200534-00677-00000REAL EDGE C-5 for iPhone7 プラムピンク13,824
    カートへ入れる
    REAL EDGE C-5 for iPhone7プラムピンク
  • REAL EDGE C-5 for iPhone7 ガンメタ

    ガンメタ

    ns200534-01027-00000REAL EDGE C-5 for iPhone7 ガンメタ13,824
    カートへ入れる
    REAL EDGE C-5 for iPhone7ガンメタ

    落ちても割れにくい。超微細加工の粋を集めた究極のアイフォーンケース

     落下の衝撃から「iPhone7」を守る究極のアイフォーンケース。F1マシンや人工衛星の部品も手掛け、超微細加工の分野で世界トップレベルを誇る金属精密加工業の「入曽精密」(埼玉県入間市)が開発した「REAL EDGE C-5 for iPhone7」は、ジェラルミンの塊から削り出した機能美を誇るアイフォーンケースです。

    削り出しの技から生まれる存在感

    金属のインゴッドから丁寧に削り出した空気が流れるような滑らかなフォルム。航空機材料として実績のある軽量、高強度のジュラルミンを採用しました。表面にアルマイトコーティングを施すことで日常生活での傷や腐食からアイフォーンケースを守ります。

    外部衝撃からiPhoneケースを守るフローティング構造

    • 衝撃が直接伝わらないようにフレームとiPhone本体が触れないフローティング構造。衝撃吸収材には、エネルギー吸収に優れた高密度ウレタン素材「Poron」を使用。

    • iPhone7専用としてisightカメラ部分を再設計

    安心の日本製

    2013年ドイツハノーバー大学主催の工作機械世界コンテスト「Machining Expert Five-Axis Precess Contest」において3位に選ばれ、加工技術のレベルの高さで世界に認められた入曽精密がすべての加工工程を自社内で行い品質管理しています。

    「微細加工の第一人者」が描く、小さなiPhoneケースに込められた大きな理想

    ものづくりへの思いを熱く語る入曽精密の斎藤清和社長

     入曽精密が作る「リアルエッジ」は、指先や手にしっくりと吸い付くような質感があり、見た目もスマートで美しい。重さは一円玉22枚分のわずか22グラムで、自動車のバンパーのように、アイフォーン本体の側面を保護する。
     落としても傷つきにくい理由は、ジュラルミン製ケースの内側に装着された高密度ウレタンのクッションだ。アイフォーン本体は直接、ケースのフレームに触れず、クッションが本体を支えるという構造。硬くて弾力性もある高密度ウレタンはクッション性に優れ、経年劣化の度合も小さい。

     このアイフォーンケースには同社が開発した「MC造形システム」が用いられている。人間が肉眼で識別できる限界を超える数値制御による作業を可能とした超微細切削・加工技術で、フレームの表面に見える何万本もの切削痕がその証しだ。
     たとえば、素材のジュラルミンを薄くした方がケース本体の重さは軽くなるが、金属は薄くすると反りが生じる。同社の斎藤清和社長は「一つひとつ丁寧に切削加工してデザインを形にし、反りを生じさせないためにできた痕跡。量産品では出せない」と話す。手にした時にしっくりとくる質感の秘密は、まさにこの切削痕にある。

    アイフォンケース側面の窓辺を仕上げ用の工具で丁寧に削る

     これまで、一辺が0.3ミリの真鍮(しんちゅう)製の世界最小のサイコロや、アルミ合金の塊から花や葉の形を彫りだした「アルミのバラ」、新薬師寺(奈良市)の十二神将「伐折羅(バサラ)大将」の像も正式ライセンス作品として手掛けてきた斎藤社長には、「微細加工の第一人者」「ミクロの彫刻家」との異名も。微細加工技術の進歩は医療分野の進展にも寄与すると期待され、同社はMC造形システムにより2005年度日経ものづくり大賞を受賞している。

     長年に渡り、微細加工の技術革新に取り組み、あくまで下請けとしてこの分野に打ち込んできたが、アイフォーンケースを開発したのは「消費者に直接、最高の技術を届けたかったから」と斎藤社長は振り返る。「製造技術をただ磨き上げたいという思いで、約30年間この分野に打ち込んできた。工作機械という道具の持つ潜在能力を表に出し、技術者や医療界の人、宇宙開発に取り組む人たちに知ってほしかった。より高付加価値なものを作る、打ち破るのが技術の進化でしょう」
     この小さなアイフォーンケースには、大きな理想が詰まっている。

    商品詳細

    セット内容・付属品ケース本体、説明書、組立用六角レンチ
    サイズ147mm ×77mm ×11mm
    素材・原材料アルミニウム
    重量22g
    生産者株式会社入曽精密
    生産国日本

    関連アイテム

    このアイテムを見ている人は、こんなアイテムも見ています

    最近チェックしたアイテム