商品データ

壊れにくくて透明感も抜群な究極のビニール傘

ビニール傘 カテール16

6,912円(税込)

  • 風に強く視界もクリア、美しく丈夫なビニール傘 カテール16
    ns150378-0000-000000風に強く視界もクリア、美しく丈夫なビニール傘 カテール166,912
    カートへ入れる
    ビニール傘 カテール16

    壊れにくくて透明感も抜群な究極のビニール傘

     世界で初めてビニール傘を開発したメーカーがたどり着いた究極の透明傘が登場した。
     性能面でまず注目したいのは、傘の本体に穴をあけた点だ。これによって台風やゲリラ豪雨が吹いても、裏返しになりにくく壊れにくいのが最大の利点。
     もう1つの特徴は、「透明すぎる」と評価を受けるほど、鮮明なフィルムだ。その透明感は他のビニール傘と比べても一目瞭然。使用している素材が塩化ビニールではなく、オレフィン多層フィルムなので、より透明さを実現。
     そして最後に強調したいのは何といっても丈夫な点だ。傘を支える骨の部分には16本骨を採用。親骨受骨にはグラスファイバー素材を使用しており、強風でも壊れにくくなっている。
     ビニール傘の革命的な存在といえるだろう。

     

    優れた機能性

    より強く、そして軽く
     16本骨を採用し、親骨受骨にはグラスファイバー素材を使用。グラスファイバーは弾力性を特性としており、強風でもしなり壊れにくい。

     

    独創的なアイディア「穴」の設置
     一言でいうと、「風は通すけど雨は通さない」特長を持つ。これを実現しているのが、傘の生地に対し円状に8箇所設置した逆支弁構造(特許取得)。穴をあけることによって、内側から風にあおられたときに空気を逃がすので傘が裏返しになりにくく、壊れにくい。

     

    透明さへのこだわり

    他のビニール傘と比べてより透明感を実現した、ホワイトローズ社の透明傘。傘を差していても、自分や相手を視認できる。
     使用している素材は通常の塩化ビニールではなく、オレフィン多層フィルム。透明さを増している。

    徳川幕府御用達の由緒ある傘メーカー

     今回紹介する「かて~る16」などのより透明で、より丈夫で、より美しいビニール傘を製造、販売するホワイトローズは、東京都台東区にある日本のビニール傘のフロンティアともいえる傘メーカーだ。
     その歴史は徳川の時代まで遡り、享保6年、甲斐の住人、武田源勝政が江戸駒形に出てたばこ商人となり、初代武田長五郎と名乗ったのが始まりとされる。そして、4代目武田長五郎から雨具商に転向。5代目に至り、幕府御用を許され、大名行列の雨具一式を納入した。6代目中期より人力車の帆張り、天幕なども扱い、続いて和傘販売も開始。7代目に至り、本格和傘問屋として展開し、岐阜、紀州、久留米、高松などの各地で生産された和傘を中心として、国内屈指の業績をあげるに至った。
     現在はビニール傘販売の最大手であり、その性能や機能面の良さからさまざまなユーザーから信頼を受けている。特に宣伝などはうたっていないが、選挙の時期になると、次々と運動員が訪れてはまとめ買いをし、そのたびに数百本は売れるという。

     

    商品詳細

    サイズ開いた時の直径:約108cm、畳んだ長さ:約87cm
    重量約560g
    ブランドビニール傘
    生産国日本
    材質本体:ポリオレフィン系多層フィルム、バイヤス部:ナイロン100%、親骨:受け骨 グラスファイバー(FPR)、中棒:木製、ハンドル:木製
    仕様形態:手開き長傘、中棒:直径14mm木製、親受骨:直径3mm、長さ65cm(FRP製)16本、ハンドル:木製曲がり型(金属金具付)

    このアイテムを見ている人は、こんなアイテムも見ています

    最近チェックしたアイテム