商品データ

創業400年余の窯元が生んだ信楽焼の蚊やり

信楽焼の蚊遣り 日本三大名勝「miho-matsu」

商品番号:ns150262-0000-000000

7,560円(税込)

  • 信楽焼の蚊遣り 日本三大名勝「miho-matsu」
    ns150262-0000-000000信楽焼の蚊遣り 日本三大名勝「miho-matsu」7,560
    カートへ入れる
    信楽焼の蚊遣り 日本三大名勝「miho-matsu」
  • この商品はお電話でもご注文をお受けいたします
    0120-501-675  9:00-21:00(年中無休)

創業400年余の窯元が生んだ信楽焼の蚊やり

 滋賀県の信楽の里で生まれた、温かみのある土味を生かした伝統陶器の「信楽焼」。日本六小窯のひとつに数えられ、昭和51年には国の伝統工芸品に指定されています。
 信楽焼窯元の「明山窯」は江戸初期から信楽焼を作り続けて400年。職人がひとつひとつ丹精を込めて手作りしています。
 蚊やりといえば、ブタが一般的ですが、この商品はユネスコの世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産に登録された「三保の松原」をモチーフにしています。日本三大名勝の中から、蚊取り線香の煙がふんわりと立ち上るシーンは何ともオシャレ。インテリアのワンポイントになること請け合いです。
 日本は5月の終わりから11月まで、蚊の発生する期間が長い国なので、夕涼みの縁側に置くなどして、楽しみながら使用してください。

明山窯の職人

 明山窯では、製品のひとつひとつをすべて手作業で行っています。土という生き物と正面きって向かい合い、時には格闘もし、より温かみのある作品が生まれるのです。
それぞれの技に熟練した職人たちが己の仕事に誇りを持ち、また、他を尊重し、認め合い、次の工程の匠の手へと委ねられていくのです。

工房 - 歴史・進化・真摯

 400年の歴史ある明山窯は、長年同じ場所でものづくりを続けています。登り窯など以前の製造方式の名残を残す土地で、現代の職人たちが先代に感謝し続け、継承していく。
 日々の作業で相棒のように大切に使い続けている道具。昔から変わらず使われるツールがある一方、時代とともに便利になっていったツールなど様々なものがあります。
 時代ごとに移り変わる生活様式に伴い、明山窯はその時代の生活に根ざした商品作りを心がけ、日々商品開発に取り組んでいるといいます。

商品詳細

セット内容・付属品不燃マット
サイズ100x165x165mm
素材・原材料本体:陶器
その他線香はついておりません。
ブランド明山陶
生産国日本

ご注意

  • 手作りの為、サイズ・色・風合いに多少の誤差が生じます。あらかじめご了承下さい。

このアイテムを見ている人は、こんなアイテムも見ています

人気アイテムランキング