商品データ

香味の最も優れた部分だけをホワイト・オーク樽で長期熟成した限定品

壱岐 本格麦焼酎「松永安左ェ門翁」(樫樽貯蔵) 720ml

5,400円(税込)

  • 壱岐 本格麦焼酎「松永安左ェ門翁」(樫樽貯蔵) 720ml
    ns150204-0000-000000壱岐 本格麦焼酎「松永安左ェ門翁」(樫樽貯蔵) 720ml5,400
    カートへ入れる
    壱岐 本格麦焼酎「松永安左ェ門翁」(樫樽貯蔵) 720ml
  • この商品のご注文後の返品・交換はお受けしておりません

香味の最も優れた部分だけをホワイト・オーク樽で長期熟成した限定品

 知的財産権として保護される「地理的表示」といい、世界では、ワインのボルドーやシャブリ、スコッチのように、高い品質や評価などが本質的に地理的産地によるものと認められた場合、その他の製品と区別するため、地域名による特定表示の使用が認められています。これを日本でも、米焼酎の「球磨」や泡盛の「琉球」など計6種類が地理的表示の認可を得ています。
 長崎県の沖合にある壱岐島も麦焼酎の産地として地理的表示の認可を受けています。世界でも麦焼酎といえば「壱岐(IKI)」で通じる、日本が誇る特別なブランドです。

 『壱岐本格麦焼酎「松永安左ェ門翁」』は、戦後、電力事業の再編をなし、「電力の鬼・電力王」とも云われた壱岐出身の財界人、松永安左ェ門の名を冠した本格麦焼酎。原料には、壱岐島で一番高い山(岳ノ辻)の伏流水と厳選された米麹と大麦を使用。永年の経験から培った醸造技術を駆使し、造り上げた逸品です。また、蒸留の段階で香味の最も優れている本垂の部分だけを採り、ホワイト・オーク樽で貯蔵。長期熟成させた限定品です。
 製造は、明治33年(1900年)創業の玄海酒造株式会社。壱岐焼酎の蔵元としては、最大級の規模を誇る醸造所です。工場は、壱岐で一番高い山「岳の辻」の麓にあり、徹底した品質管理のもと、山から湧き出る良質な水を使用して「むぎ焼酎発祥の地壱岐」を強調すると共に郷土の発展を願い生産を行っています。
 原料の麦と米麹の天然の甘みを持ちながらも、タル貯蔵による特有のふくよかな香りとまろやかなコク、ツヤが味わえます。木箱入りなので、贈答品としても活躍。お好みで結構ですが、飲み方は「ストレート、ロック」がおすすめです。2010年度には、確かな品質が認められモンドセレクションの最高金賞を受賞しています。

・松永安左ェ門とは
 戦後の電力事業再編を手がけ“電力の鬼”と云われた壱岐出身の財界人。電力事業以外にも産業計画会議を主宰し、成田空港、東名自動車道、東京湾横断等の必要性を国に勧告し、日本の産業界に多大な貢献をした。耳庵(じあん)と号する茶人・古美術収集家としても知られ近代小田原三茶人の一人。

麦焼酎の故郷、魏志倭人伝にも記される玄界灘に浮かぶ島“壱岐島”

 「シャンパン」を名乗れるのは、フランスのシャンパーニュ地方で造られた発砲性ワインだけ。他は「スパークリングワイン」と表示される。ウイスキーのスコッチや、バーボン。ブランデーのコニャック。ボルドーやシャブリのワインも同様だそうだ。これらは産地指定と呼ばれるもので、日本でもWTO(世界貿易機関)から1995年に、長崎県の壱岐焼酎、熊本県の球磨焼酎、沖縄県の琉球泡盛が地理的表示の産地指定を受けている。
 その一つ、壱岐焼酎のルーツを探ろうと、九州は長崎、玄界灘に浮かぶ島への旅に出た。今から1700年も昔のこと。日本が弥生時代だった頃、中国の史書「魏志倭人伝」に、対馬から「また南海を渡る千余里、一支国(いきこく)に至る」と、表現されている。大陸文化が日本に運ばれる、交通の要衝として重要な役割を果たしてきた壱岐の島は、また麦焼酎の故郷でもあった。

長崎県第2位の耕地面積を誇り、黄金色の穂先が輝く麦畑

 福岡から高速船で1時間。壱岐の芦辺という港に着いた。南北17キロ、東西15キロの楕円形をした島には、2万7000人ほどが暮らしている。酒蔵までの道中、広い穀倉地帯を車は走る。離島に田畑というのをイメージしていなかったが、長崎県では諫早(いさはや)干拓に続く2位の耕地面積を誇るのだそうだ。稲作が盛んで、麦も栽培されている。緑色に染まった水田の隣には、黄金色に穂先を輝かせた、麦が風にたなびいている。

 「もう刈り取る頃合いです」と、案内してくれた玄海酒造の山内博達副社長が教えてくれた。緑と黄金色の対比が眼に眩しい。壱岐焼酎は「米麹が3分の1、大麦が3分の2で仕込むと決められています。壱岐には7つの焼酎酒蔵がありますが、すべての蔵でそれを厳格に守っています」。

 「麦焼酎発祥の地」と言われる壱岐。九州の他の産地とは一線を画す理由は、その製法にある。戦国時代から江戸時代にかけて、税金つまり年貢は米で徴収された。加賀百万石など、国の規模を石高(こくだか)で表すように、米の生産が最も重要であった。従って課税も厳しかったのだろう。島の人々は課税の厳しくない大麦を主原料に、米麹を使い、また中国から伝わった蒸留技術を取り入れて、壱岐独特の麦焼酎を造りだした。米麹の天然の上品な甘さと、大麦の独特な香りが、厚みのある深い味わいの焼酎を生み出したのだ。
 山内賢明会長(83歳)は穏やかな表情で語ってくれた。「昔は米を仕入れるのが非常に困難だった。だから米麹を使うというのが、ステータスだったのです。そういえば、私の若いころは、麦ごはんだった(笑)。お米に少し麦が入っているのではなく、麦にほんの少しの米が入る」と笑う。

歴史を感じさせる黒壁、製法と原料にこだわり、徹底管理された蔵内部

 大きなタンクに書かれた「むぎ焼酎 壱岐」の文字が見えてきた。門をくぐったとたんに、とても心地いい麦とお酒の香りに包まれる。気分もほんわかしてしまう。「では、工場をご案内しましょう」と博達さん。最初は倉庫のようなところ。大麦と米の袋が積まれている。「まずは米麹をつくるところから見ていただきましょうか」。丸いドラム式の「自動製麹機」で米を洗い、蒸気を吹き込んで蒸しあげる。温度が下がったら、麹菌を入れ増殖させる。一晩おいたら「自動三角室(むろ)」に移して、手作業でかたまりをほぐし、ならして温度、湿度を調節しながらまた一晩。合計2日間で米麹ができあがる。白かった米は、レモンのような黄味がかった色合いになる。口に含むと甘さはそれほどではなく、わずかな酸味を感じられた。
 タンクに水と米麹、さらに酒母を入れて7日間、これを一次仕込みという。タンクを上から覗くと、表面にはぶつぶつと発酵している様が見て取れる。できあがったのが、一次もろみと呼ばれるものだ。これを一口舐めてみると、ほんのりと甘く美味しいという印象だった。
 次にさらに大きなタンクに移され、二次仕込みが行われる。一次もろみの倍の量の、蒸しあげた大麦と水を加えて、今度は2週間仕込まれる。この「もろみ」も味見したが、意外にも、はっきりとした味ではなく、微妙な、複雑な感じ。「まだまだですよ。これからが焼酎造りの本領発揮です」と言われ、納得する。この段階ではアルコール度数も18度程度ということだった。

 これで蒸留の工程になる。2つの蒸留機が置いてある。常圧蒸留機と減圧蒸留機。温められたもろみは、気体となって昇華し、すぐに冷やされることでまた液体に戻る。これを集めたものが、原酒だ。今では主流となっている減圧蒸留は、釜の圧力を下げることにより、低温で昇華が進む。これで、雑味の少ない、まろやかで飲みやすい焼酎が造られるようになった。「昔ながらの、常圧の焼酎を好まれる方もいらっしゃいますが、ここ玄海酒造ではほとんどが減圧で造っています。飲みやすい方が好まれるという時代の風潮だと思います」と博達さんは説明してくれた。3時間ほどでタンクに溜まった原酒は、アルコール分が44%ほど。ほんの少しだけ、カップに注いでもらった。少し舐めただけで、口の中が火を噴いた。ブハーッ。こ、これは無理だ、大変だ。しかし、落ち着いてくると、なにやら、うま味を感じる。強烈な中にも、複雑な味がある。「これから加水して、寝かせますからね。それはちょっと飲めたものじゃないですよ」と博達さん。わかっているつもりだったのだが、、、。
 貯蔵タンクで加水され、アルコール分を調整する。仕込み水は、もちろん壱岐の天然水。最高峰の岳の辻(たけのつじ)に降り注いだ、自然の恵みだ。山内賢明会長は「壱岐は小さな島で、四方の海から風が吹いてくるからミネラルが豊富なんです。竹の辻も標高212メートルと低い。雨水もとてもゆっくりと流れるから、名水と言われています」。

 貯蔵倉庫のある裏手に歩みを進めて驚いた。倉庫の壁が、みな黒ずんでいる。煤(すす)がかかったような感じ。「これは麹の歴史なんです。昔は黒麹を使っていて、いわば、その証拠です」と博達さん。黒麹の突然変異として生まれた白麹が脚光を浴び、こぞって白麹を使用したそうだ。その後また、優良な黒麹が開発され、黒麹仕込みの焼酎を造っている蔵元もあるとのこと。「弊社では白麹仕込みのみですが壱岐の蔵元の中でも黒麹仕込みの麦焼酎を造っている蔵元もあります。」と教えてくれた。

貴重なオーク樽で熟成し進化する壱岐焼酎

 倉庫の扉をガラガラと開けると、黒い樽がズラリと並んでいる。静まり返った倉庫は、何か神聖なところのような感じで、身が引き締まる。「樽で貯蔵するのは、一部の商品です。玄海酒造の主力商品の『壱岐スーパーゴールド』がきれいな黄金色をしているのは、この樽の色が出てくるからなんです。限定品の『松永安左ェ門翁』は、スペインから輸入したホワイト・オーク樽に貯蔵しています」。これは驚いた。昨今のウイスキーブームで、確かホワイト・オーク樽がとても貴重で、ほとんど手に入らなくなっているという話を聞いていたからだ。「最高級品の『松永安左ェ門翁』はいわば原酒のまま貯蔵します。度数も43度ありますよ。壱岐焼酎の中の、壱岐焼酎ということです」と、博達さんは自信たっぷりに、紹介してくれた。「松永安左ェ門」とは、壱岐が生んだ、戦後日本の産業界の発展に尽力した偉人で、「電力の鬼」とも称される人だ。その名をそのままいただき『松永安左ェ門翁』と名付けた。
 ホワイト・オーク樽の中で寝かせ、熟成させることで焼酎は、うま味を増幅させる。静かな樽の中で時を経ることにより、角が取れ、まろやかな味わいになるのだ。

 出来上がった焼酎はろ過して瓶に詰め、丁寧な検品が行われた後、ラベルを貼って完成する。統括杜氏の山口将孝さんは、「気温と湿度の管理が一番難しいんです」と、几帳面そうな表情で日頃の苦労を教えてくれた。「麦も米も、その時によって吸水する分量が違いますし、発酵の度合いも違う。それらを見極めて、安定した商品を造ることが難しい」という。先代の杜氏は老齢のため引退し、今では8人いる製造部を任されている。「まだまだ勉強です」と謙遜するが、長い歴史を踏まえ、新しく進化を続ける壱岐焼酎への熱い意気込みが感じられた。

 『松永安左ェ門翁』を試飲させてもらう。まずは、そのままで。麦の甘く香ばしい香り。そして深い味わい。43度はきついので、少し水を足してみる。なめらかでふくよかな舌触りと、コクのある美味しさがより鮮明になった。さらに水を足してみる。だいぶ薄くなったようだが、味わいに変わりはない。まろやかなコクとキレは健在だ。これが壱岐焼酎の神髄なのか。豊かな自然に恵まれた壱岐の島。伝統に則った製法を守り続け、こだわって造られた壱岐焼酎。いにしえの歴史に思いを馳せながら、一杯やるのも、乙なものだ。

  • 壱岐島の玄関口の一つ芦辺港
  • 壱岐島内にある「松永安左ェ門 資料館」。生家跡に建設され、生前愛用した所持品や文書などが展示されている
  • 世界的な建築家の故黒川紀章氏が設計した「壱岐市立一支国博物館」。復元された古代船や市民の顔をモデルにした160体の人形などが展示されている
  • 壱岐島の名所である猿岩。海蝕崖の玄武岩で高さは約50m。自然の造形によるシルエットは、横から見ると猿がたたずむ姿に見える
  • 猿岩の横にある草原は、断崖絶壁で迫力満点
  • 壱岐のモン・サン・ミッシェルとも呼ばれる「小島神社」。干潮の時だけ参道が姿を現す。近年ではパワースポットとしても人気
  • 環境省の選定による快水浴場百選にも選ばれた筒城浜。透明度が非常に高く、海水浴シーズンには人で賑わう
  • 壱岐市八幡浦の海中に祀られている「はらほげ地蔵」。はらほげとは、腹に穴が空いている(ほげいている)ことを指し、六道において衆生の苦患を救うといわれる六種の地蔵。
  • 明治33年(1900年)創業の玄海酒造株式会社。徹底した品質管理のもと、山から湧き出る良質な水を使用し醸造を行っている
  • 製麹用のドラム型回転式「自動製麹機」。壱岐焼酎で特に重要な麦を洗い、蒸し上げる設備
  • 「自動三角室(むろ)」で製麹を行う玄海酒造の職人たち。手作業でかたまりをほぐしながら、平らにならして温度、湿度を調節する
  • 一次仕込みを行うタンク。水と米麹に酒母を入れ発酵させる
  • タンクの蓋を開けて覗くと、表面にはぶつぶつと発酵している様が見て取れた
  • 原酒を造る巨大な蒸留機
  • 真剣な眼差しで蒸留器内部の様子を見る職人
  • 瓶詰めを行う前に充填する空き瓶を並べる様子
  • 瓶詰めを行う作業場は、その他とは区別され徹底した管理が行われていた
  • 検品も人間の目によって行われ、一本一本を丁寧に確認していた
  • 玄海酒造の製品はすべて手作業によって貼り付けを行っている

取材日:2015年5月11日

壱岐焼酎にピッタリ!香味野菜たっぷりアジのなめろう、動脈硬化などに効果

 長崎の壱岐島では小ぶりのアジを、「背切り」といって、背骨ごと輪切りにして食べていました。コリコリという歯ごたえと、骨の中からにじみ出るうま味を楽しむ料理でした。獲りたてのアジだからこそできる調理法なので、ここではたっぷりの香味野菜とともに、なめろう風に白味噌と和えてみました。あえてあまり叩かずに、軽く和えることで、アジのプリプリ感を楽しみましょう。
 アジに多く含まれる不飽和脂肪酸のEPA(エイコサペンタエン酸)と、DHA(ドコサヘキサエン酸)は、コレステロール値を下げ、動脈硬化などに効果があるとされています。また脳を活性化しストレスの予防にも効果的です。どんなお酒にも合う料理ですが、焼酎でキリリとやるのはいかがでしょう。「壱岐焼酎」を飲みながら、アジを食べて健康を維持しましょう。
【材料】2人分
アジ…2尾 / ミョウガ…1個 / ショウガ…1片 / 万能ねぎ…3本 / 大葉…4枚 / ゴマ…適量 / 白味噌…大さじ1 / みりん…小さじ1 / 醤油…少々
【作り方】
1.ミョウガはみじん切りにする。ショウガはごく細く切って、針ショウガにする。万能ねぎは小口切りに。大葉は、細く千切りにする。
2.小さなボウルに白味噌を入れ、みりんを加えてよく混ぜ、味噌をのばし、隠し味程度に醤油を振りかける。
3.アジを三枚におろし、皮をむいて小骨を抜き、細切りにする。
4.細く切ったアジを香味野菜と軽く混ぜ合わせ、みりんでのばした白味噌と軽く和え、器に盛り付ける。最後にゴマを振ってできあがり。

※お客様のモニタの色設定やパソコンの画面設定等によって、モニタ上の色と実際の製品の色に差が生じる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

商品詳細

素材・原材料大麦2/3(長崎県)・米麹1/3(長崎県産米)
内容量720ml
保存方法常温にて暗所へ保存
アルコール度数43度
その他仕込み・貯蔵:タンク仕込・樫樽貯蔵、蒸留方法:単式蒸留(減圧)
ブランド壱岐 本格麦焼酎
生産者玄海酒造 株式会社
生産国日本・長崎県

ご注意

  • 20歳未満の飲酒は法律により禁じられております。

このアイテムを見ている人は、こんなアイテムも見ています

  • 壱岐 本格麦焼酎 「守政」(古酒・かめ仕込み) 720ml

    4,062円(税込)