商品データ

日本で唯一のレーザー加工技術で進化した木製模型の「松本城」

木製精密模型 1/150 松本城

30,240円(税込)

  • 木製精密模型 1/150 松本城
    140149木製精密模型 1/150 松本城30,240
    カートへ入れる
    木製精密模型 1/150 松本城

    日本で唯一のレーザー加工技術で進化した木製模型の「松本城」

     Woody JOE(ウッディジョー)は、日本で唯一のレーザー加工技術を駆使して作る木製模型メーカー。城郭や戦艦、飛行機などいずれもその完成品は本物さながらの精密さで見れば見るほど引き込まれていくような独特な世界観がある。
     従来の刃物加工では、大まかな加工しかできず、実物と比べるとディテールで見劣りしたが、コンピューターによるレーザー加工で作ったパーツは細部まで高い精度で再現。同社の常木則男社長は、「以前は『現物と比べるとやっぱり粗いね』という声もありましたが、今はもっと近くに寄って見てほしいぐらいです」と笑う。

     木製模型のよさは、肌触りや木の香りを味わえるのはもちろん、20年、30年と経年変化による風合いを楽しめるところ。また、こすったり、削ったり、ペーパーをかけたりと、自分なりにパーツをアレンジできるのも魅力だ。常木社長は、「城は、現存しない部分については学者が調査・研究した形が世間で認知されていますが、当時を勉強して想像しながら『自分はこう思う』というアイデアを反映させられるのも木製模型の良さだと思います」と話している。

     レーザー加工で作った白木建築の作品は精巧さに加え、レーザー効果で陰影が強調され、より深みのある見栄えのよい作品に仕上がる。「1/150 松本城」の製作時間はおよそ80時間。「コツコツと作業をして完成したときの感動を味わってほしい」と、あえて時間がかかるように設計されている。ひとつひとつの小さなパーツと向き合い、じっくりと作品を作り上げる時間はまさに至福の時となるだろう。

    松本城

     松本城(深志城)は、安土桃山時代後期から江戸時代にかけて建てられた五重6階の天守に、月見櫓、辰巳附櫓と渡り櫓乾小天守から連なる複合連結式層塔型天守で、梯郭式に輪郭式を加えた縄張りの平城。屋根には本瓦葺、二重・三重には、千鳥破風と向唐破風が付き、武者窓や竪格子窓、突上戸、辰巳櫓や乾小天守には花頭窓、月見櫓には高欄と廻縁がある。城は、外壁が黒漆塗りであることから、別名・烏城(からすじょう)とも呼ばれ、戦いに備えた城から泰平の世の城へと四百余年の風雪に耐えて今も健在。信濃の美しい山河とともに人々に愛されている。

    模型の聖地・静岡の歴史とともに歩む木製模型メーカー

     ウッディジョーは、昭和22年創業の木製品製造メーカー、常木教材の社長でもある常木則男氏が平成14年に設立した木製模型メーカー。取引先だった帆船模型メーカーの倒産をきっかけに、「日本製の帆船模型キットの灯を絶やすまい」とその事業の一部を引き継いだ。その際に導入したレーザー加工機を使って改良と新製品の開発に取り組み、より精密で作りやすいまったく新しいタイプの木製模型キットが誕生した。
     本社がある静岡市は、戦前から続く日本の模型づくりの聖地。このモノ作りのDNAを受け継ぎ、木製模型に新たな風を吹き込んでいる。

    • セット全景
    • 塗装イメージ(塗装用具は付属しません)
    • パッケージ
    • 木製部品 94種、金属部品 3種、その他 2種。制作参考時間:80時間
    • 詳細な説明書類付き
     

    組み立てに必要なもの

    商品詳細

    セット内容・付属品木製部品 94種、金属部品 3種、その他 2種、組み立て説明書
    サイズ全高230mm、全幅400mm、奥行き345mm
    重量約2,100g
    その他製作参考時間:80時間
    ブランド木製精密模型
    生産国日本

    このアイテムを見ている人は、こんなアイテムも見ています

    最近チェックしたアイテム