商品データ

膝のバランスを整え、最高のパフォーマンスを引き出すトレーニング用ベルト

コウノエベルト(膝用)

商品番号:130341

4,104円(税込)

  • コウノエベルト(膝用) M
    選択してください
    選択してください
    130341-01コウノエベルト(膝用) M4,104
    カートへ入れる
    コウノエベルト(膝用)M
    130341-02コウノエベルト(膝用) L4,104
    カートへ入れる
    コウノエベルト(膝用)L
  • この商品はお電話でもご注文をお受けいたします
    0120-501-675  9:00-21:00(年中無休)

膝のバランスを整え、最高のパフォーマンスを引き出すトレーニング用ベルト

 スポーツトレーナーが考案した膝のバランスを整えるベルト。このベルトを締めることによって膝関節に直接作用し、関節を正しい位置に導きます。
 「歩く」「走る」を支える膝は、スポーツや日常生活においてとても重要な関節です。膝の関節をしっかりと締めることで、身体の開きなどを補正しながら、下半身のバランスを整えることが可能になり、本来のパフォーマンスを引き出すことができます。また、運動能力を妨げる腰の開きなども確認しやすく、膝の負担も軽減。膝まわりの筋肉の動きを妨げることなく、関節周辺の骨に直接作用するので、関節を正しい位置に戻し、さらに膝のバランスが整い、負担が軽減されます。
 本体には簡単に着脱できるマジックテープを採用しており、骨に作用することを考慮した細めの仕様のベルトは膝の関節をほどよくサポートする特殊なゴム素材を使用。腿の太さに応じて選べる2サイズを用意しています。

発案者紹介(鴻江寿治氏)

 今回紹介するコウノエベルトの生みの親は鴻江寿治(こうのえひさお)氏。福岡県八女市生まれで、学生時代に肩を故障したのをきっかけに、さまざまな施術を勉強しながら、トレーニングのノウハウを学んだスポーツトレーナーだ。日本人に合う基礎方法を考案し、動きの中から故障の原因を見つけ出す理論を確立し、現在はプロ野球、プロゴルフ、バレーボール、サッカー、ソフトボールなど、トップアスリートのトレーナーとして活躍中。コウノエベルトの特徴でもある、骨盤のバランスを整えたり、肩や腰の開きを改善することで、本来のポテンシャルを引き出せるという理論を強く唱えている。

コウノエベルト(膝用)装着方法

 正しく装着して、効果を実感。コウノエベルト(膝用)の機能をフルに発揮させるために、ベルトを正しく装着してください。
 一般的に腸骨(骨盤の出っ張り部分)の一方が下がっている人は、そちら側に身体が開いているので腸骨が下がっている方の膝に装着することをお薦めします。

STEP1:パッドの中でベルトがねじれていないか確認してください。輪の中に足を通し、膝上まで持ちあげ、パッドが膝の裏に来るようにします。ここで軽く締めて、膝上の位置を決めます。
STEP2:締めすぎないように注意しながら、膝下でマジックテープを固定します

鴻江式バランストレーニング

 スポーツトレーナーである鴻江氏が考案した、独自のトレーニング方法です。コウノエベルト(膝用)を着用しながら行うことで、ベルトの効果を高めます。

スクワット
 両足を肩幅に開いて立ち、両手を後頭部で組む。お尻を出さず、踵を上げず、ゆっくり膝を曲げながら腰を落とす。そして、ゆっくり元に戻す。
 常に腹筋に力が入っていることを意識して行う。10回×3セットが目安です。(※厳しい場合は無理をせず、休憩をしてください。)

キック
 四つん這いになり、腹筋を締めながら右足をまっすぐに伸ばす。
 少し止めて元の位置に戻す。左足も同様に行う。10回×3セットが目安です。(※厳しい場合は無理をせず、必ず休憩をしてください。)

仰向けニーエクステンション
 膝を曲げて仰向けに寝る。腰を浮かせ、ゆっくり右膝を伸ばし、ゆっくり元の位置に戻す。左膝も同様に行う。10回×3セットが目安です。(※厳しい場合は無理をせず、必ず休憩をしてください。)

  • 装着部はベロクロのため、簡単に装着が出来ます。また、膝裏に当たる部分には、柔らかいクッション素材を使用しています。

商品詳細

サイズM(34~41cm)、L(41~50cm)
素材・原材料側地/ポリエステル85%、ポリウレタン15%、芯/天然ゴム
ブランドコウノエベルト
生産国日本

ご注意

  • ヒザの関節よりやや上の「ヒザ上まわり」に合わせてお選びください。

このアイテムを見ている人は、こんなアイテムも見ています

人気アイテムランキング

最近チェックしたアイテム