商品データ

12月中旬に登場する温州みかんの最高峰「出島の華」

【送料込】サンフルーツ出島の華 Mサイズ3kg

10,000円(税込)

  • 【送料込】サンフルーツ出島の華 Mサイズ3kg
    ym200427-00000-00000【送料込】サンフルーツ出島の華 Mサイズ3kg10,000
    販売終了
    【送料込】サンフルーツ出島の華 Mサイズ3kg
  • この商品のご注文後の返品・交換はお受けしておりません

納期のお知らせ

こちらの商品のお申し込み締め切りは2016年12月15日になります。
発送はご注文以降、順次お届けします。
※入荷状況によって、お届けが遅れる場合がございます。
※年末年始の到着ご指定はお受けできません。

12月中旬に登場する温州みかんの最高峰「出島の華」

 全国各地のみかんが出揃った12月中旬から登場する温州みかんのトップブランド「出島の華」は、うまみが濃く、甘味が強いのが特徴です。 「出島の華」は、長崎を代表するブランドみかんで、他のみかんと比べて格別の味わいをもっています。佐世保市内で発見された「させぼ温州」の中から糖度14度以上で特に品質に優れた果実を厳選しています。特に食味については、特定の評価員が行う試食に合格しなければなりません。実際に味覚センサーで分析すると、通常のみかんに比べ、高い糖酸バランスだけでなく、独特のうまみ(味の濃さ)を持っていることが明らかになりました。この「出島の華」は、「させぼ温州」の5%程度しか合格できず、最高峰のみかんとして全国一の販売価格で取引されています。しかも、冬のごく短い期間しか流通しないことから、市場では「幻のみかん」ともいわれています。

「出島の華」甘さの秘密

「出島の華」が特別に甘い理由はその「シートマルチ栽培」という栽培方法にあります。土壌が乾燥し、水が少なくなると、水を欲する果実が当分を溜め込み果実が甘くなるという特性を利用した栽培方法です。また、肥料にもこだわり、魚粉を中心とした有機肥料にカキ殻を混ぜた肥料を使うことでうまみのあるみかんを育てています。
 ちなみに、全国のみかんが集まる東京・大田市場では入荷した果実の糖度を分析していますが、長崎県産のみかんは、主な生産県の中でももっとも甘くなりました。その理由は、この栽培方法が全国一普及しているからです。

させぼ温州について

 長崎みかんの主品種である「させぼ温州」の中でも、糖度14度以上のみかんだけが、「出島の華」として出荷されます。その「させぼ温州」は、昭和50年の佐世保市の尾崎次夫氏のみかん畑で、枝変わりとして発見されました。全国で広く栽培されている宮川早生の突然変異で、病気に弱く、栽培が困難で、生産の軌道に乗せるまでに長い年月を必要としました。濃い緑の小さな葉が密集して天をめざして伸びる「させぼ温州」。1個の実に対してその緑の葉の量が多いほど、多くの光合成をなされ高糖度でうまみの濃いみかんが生まれます。また、「させぼ温州」には一般のみかんと比べ、1.4倍のアミノ酸が含まれ、独特の食味を醸しています。

皮がむきにくい温州みかんは甘い? 究極のみかん「出島の華」

 柑橘類は一年を通してとても身近なフルーツですね。小さい「金柑」から大きな「文旦」(晩白柚)まで本当にいろいろな種類があります。

秋口から冬にかけて果物店の店頭を彩る代表はやはり温州みかん。昔はみかん箱に大きな立て札をつけて「温州みかん」と書いてあったことを思い出しますが、今では産地の各県がさまざまな栽培方法を研究し、「愛媛県産○○○」などとブランド名を押し出してそれぞれの特色で競っております。

それにしても、温州みかんといってもお味もいろいろ。甘さの強いもの、酸味の強いものそれぞれお好みがありますね。

そこでみなさまに質問です。

みかんの皮をむかれていてお気付きのことはございませんか?
小さい頃、こたつの中でみかんをむいていた時を思い出してください。そのみかんの皮はとってもむきやすかったのではありませんか?

昔はほとんどのみかんの樹は路地植えでした。自然の恵みの雨水を樹がしっかりとたくわえて、果実も水分がたっぷり。その水分のおかげで皮がむきやすかったのだそうです。一方、最近のみかんは皮がすんなりとむけず、バラバラになるものが多くありませんか? それは美味しくて甘いみかんを生産するために、樹木がたくわえる水分を調整した結果、皮の水分が少なくなって、むきにくくなったからなのだそうです。 これは果物一筋40年の専門家に教えていただきました。

水分調整の結果、甘みをしっかりとたくわえた「出島の華」

 このようにみかんの栽培技術が発達し、水分調整ができるようになったおかげで、今まででは考えられないほど甘いみかんが次々に誕生しています。中でも、今回おすすめの長崎県ブランド「出島の華」は、糖度14度以上、酸度1度以下と、まさにお菓子のような甘さを誇るみかんです。

みかんの産地としては後発であった長崎県の果樹生産者が、総力を挙げて生み出したブランドです。その甘さから美味しい期間はとても短く、わずか3週間から4週間ほど。生産量の少なさもさることながら、12月に入ってからの真冬の時期しか出回らないため、「幻のみかん」として取り引きされております。温州みかんの逸品中の逸品「出島の華」をぜひ一度お召し上がりくださいますようご案内申し上げます。

伊吹晶夫(いぶき・あきお)
1948年千葉県生まれ。67年三越入社。開拓顧客700家族の衣食住、冠婚葬祭の秘書役。2008年定年後も「お客様サロン」のチーフ・コンシェルジュとして活躍。担当顧客は、昭和天皇や歴代首相、政財界、芸能界、スポーツ界など各界のトップが名を連ねている。

商品詳細

内容量Mサイズ、約30~35玉
賞味期限早めにお召し上がりください。
ブランド出島の華
生産国日本(長崎県)

納期のお知らせ

こちらの商品のお申し込み締め切りは2016年12月15日になります。
発送はご注文以降、順次お届けします。
※入荷状況によって、お届けが遅れる場合がございます。
※年末年始の到着ご指定はお受けできません。