商品データ

お部屋を華やかに彩るモダンな「彩花(さいか)盆栽」で迎える新春

【送料込】清香園 山田香織監修 お正月 松の盆栽

9,504円(税込)

  • 【送料込】清香園山田香織監修 お正月の松の盆栽 
    ym200351-00000-00000【送料込】清香園山田香織監修 お正月の松の盆栽 9,504
    販売終了
    【送料込】清香園 山田香織監修 お正月 松の盆栽
  • この商品のご注文後の返品・交換はお受けしておりません

お部屋を華やかに彩るモダンな「彩花(さいか)盆栽」で迎える新春

 嘉永年間創業、170年の歴史を持つ盆栽園である清香園が提案する「彩花盆栽」で暮らしの中で四季を感じてみませんか? 今回お届けする「彩花盆栽」は、清香園5代目の山田香織さんがデザインしたオリジナルの信楽焼の鉢を使用。緑が青々とした黒松と赤い色が華やかな実もののチェッカーベリーを寄せ植えすることで新春らしい華やかな作品となりました。お正月はモダンな「彩花盆栽」でお客様をお迎えしてはいかがでしょう。

人気盆栽家、山田香織さんが語る「彩花盆栽」の魅力

 「彩花盆栽」は、若い木々と草花を寄せ植えして、自然の風景をよりわかりやすく表現できる盆栽。小スペース、短時間で気軽に自然風景が楽しめます。そんな盆栽をもっと多くの方に楽しんでいただきたいという想いから清香園では彩花盆栽教室を開講しています。約1400人の受講者の9割が女性で半数以上がマンション住まい。みなさん小さなスペースで盆栽を楽しんでおられます。

 歴史を振り返ると昔は盆栽といえばご年配の方が愛でるものでしたが、今はそんなことはなく、老若男女どなたでも楽しむものへと変わってきました。心が疲れている時代、盆栽に花が咲いたり、紅葉したりするのを見て、ほっと肩の力が抜けていくような癒しはますます求められていくと思います。これからも新しいスタイルを提案しながら、盆栽の文化を育てていきたいです。
2016年3月での講演から

山田 香織(やまだ・かおり)

 清香園5代目家元。盆栽家としてNHK教育テレビ(現Eテレ)「趣味の園芸」の元キャスターなど務める。「盆栽の伝道師」を使命とし、国内外に広く知られている盆栽(BONSAI)を通じて植物や自然の営みに触れるお手伝いをするべく精力的に活動している。

彩花盆栽~「生きた宇宙」に描く日本の原風景

 「彩花盆栽」とは、清香園から生まれた新しい盆栽の楽しみ方。「生きた小宇宙」といわれる盆栽に日本の原風景を描いてゆく盆栽の新しい流儀です。2007年には「新日本様式百選」(※)にも選ばれました。盆栽とは、大自然の風景を一本の木で表現する想像の遊びですが、「彩花」はより風景を「写実的に」するため、草花や化粧砂などを使い寄せ植えという形をとります。そして、オリジナルの器に植栽し多様性を持たせながら、やわらかで華やかな作風を重視します。

※2006年に経済産業省が提唱。新日本様式とは、日本の伝統文化と先端技術との融合を図り、新しい日本らしさを持つ日本の様式を選ぶという取組み。

彩花盆栽 器のこだわり

彩花盆栽では、鉢=器の形や質にも焦点をあて、オリジナルの器を使用しています。デザインから書き起こし、信楽・常滑・備前・丹波の釜元で一つひとつ丁寧に焼成しています。

伝統盆栽とミニ盆栽、彩花盆栽の違い

 伝統的な盆栽は、一鉢のなかの一本の立木である「一盆一樹」の姿を通じて自然の風景を見立て、空間を楽しむ美術品。古さ、枝振り、鉢映りといった総合的な付加価値を含めて鑑賞し、樹格向上を目指して育てるため、時間の経過も楽しみます。こうした伝統盆栽に対してミニ盆栽は、決め事を取り払い、若木でカジュアルに盆栽を楽しむスタイル。ミニ盆栽も一盆一樹ではありますが、伝統盆栽の決め事を取り払い、自由な樹形も楽しまれています。

 一方、彩花盆栽は、「一盆一樹」の伝統盆栽に対して、より華やかで 写実的な風景描写を鉢のなかに描きます。そのため、木々に草花を添えて小さな庭をつくるように寄せ植えにします。現代の住空間にも映えるようにと鉢のデザインも多様です。

黒松とゴールテリアの盆栽の育て方

<置き場所>

・庭やベランダなど、屋外で管理。地面やコンクリートから30センチ以上の高さがある縁台や棚の上で育てることが理想
・冬場は鉢ごと凍らないよう南側の軒下などに置く。風の弱い場所が理想
・梅雨時はゴールテリアを長雨に当てないように軒下などで育てる。その方が実のつきがよくなる

<水やり>

・水がシャワー状に出るハス口のついたじょうろでたっぷりと与える
・一回の水の量は、鉢底の穴から水が流れるまでたっぷりと
・水やりの回数は、春・秋は1日1~2回(よく乾く日は朝夕の2回)。夏は朝夕2回、冬は2~3日に1回

<肥料>

・春と秋には固形の有機肥料を与える。春は4月下旬から梅雨入りまで。秋は暑さがおさまったら11月一杯まで
・来年の実を楽しむためには肥料は不可欠

<松の葉の減らし方>

・夏後半から秋にかけて茶色の葉を落とす松。黄色から茶色に変色した葉は落として風通しをよくして育てる

清香園

嘉永年間創業。埼玉県の大宮盆栽町で江戸時代から続く歴史ある盆栽園。現代のライフスタイルに合った盆栽を提案する「彩花盆栽」の教室が好評。埼玉の大宮、東京の表参道で開催し、盆栽のある暮らしを提案している。

商品詳細

セット内容・付属品育て方の冊子、 山田香織の季節のあいさつ
素材・原材料黒松、ゴールテリア、鉢(信楽焼)
重量約300g
生産国日本
数量 限定20鉢
サイズ 鉢の底から松の上までの高さ25cm×幅13cm ※植物の固体によって若干の違いがあります。
鉢の大きさ 直径7cm×高さ7cm ※手作りの焼き物ですので若干の違いがあります。
予約受付終了日 12月10日

ご注意

納期のお知らせ

※盆栽はすべて一品一品ごとに異なります。

12月20日から発送開始致します。